2011年02月18日

昔の名前で出ています

トコジラミ.jpg
トコジラミ(ナンキンムシ)が増えています!!
シラミと名がついても、カメムシの仲間で雌雄、幼虫全てが吸血します
戦後の混乱期には繁殖していましたが、昭和40年頃からは殺虫剤の発達
と衛生意識の高まりで、年々減少し昭和60年代にはほとんど見かけなく
なりました。
それが最近また増加傾向にあります。特にホテル、旅館、簡易宿泊所、
マンションなどで
被害が広まり、相談件数も年々増えています。
原因はいろいろありますが、@殺虫剤の使用制限 A海外旅行の流行
 Bリサイクル家具の交流 C室内の温暖化 D知識の不足に依る大繁殖
 E秘密にしたい為の中途半端な駆除 等々
しぶとい虫で吸血なしでも数ヶ月生き続け、雌は生涯に200-500個産卵
します。初回に刺された時は痒みを感じませんが、2度目から猛烈な痒みが
襲います。人に依っては次第に痒みを感じなくなる場合もあり、室内で
大繁殖をします。
壁穴、室内の隙間、引き出しの裏、ベッドのコーナーなどに黒いシミが
できていたら、トコジラミの糞の可能性もあります。相談は無料なので、
心配になったら是非プロのアドバイスを受けてください。
posted by brotherkogyo at 18:47| 神奈川 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。