2011年04月29日

言葉を失います!

もどかしい気持ちで日を過していた時、友人からの
誘いに乗らせてもらい、僅かながらの物資を携えて
4月26日に被災地に向かいました。
南三陸町から気仙沼、陸前高田、大船渡、釜石まで
出ましたが、海岸線の状況は言葉になりません。
頑張ってくださいという言葉が酷なものに感じました。
出来ることから少しずつ、そして永く応援をしていきたいと思います。
IMGP4730.JPG
まるで映像で見た広島、長崎の爆心地のようです
IMGP4738.JPG
陸中海岸の大理石海岸 今は元の美しい海に戻っていました
IMGP4740.JPG
ただ黙って佇んでいます
posted by brotherkogyo at 14:19| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

安全管理は地球を救う!

作業の安全管理を徹底させる上で危険予知トレーニング(KYT)
というものがあります。
第一から第四段階まであり、第一段階はその行為における
あらゆる危険性を皆で出し合い、第二段階で精査し、第三段階で
対策を検討し、第四段階で習慣化させるというものですが
想像力が足りなかったり、変なプレッシャーがあれば、危険性を
認識することさえできません。
あの時こうしておけば、という後悔をしない為にも絶対に必要な
訓練ですが、管理する側がいい加減にすると、人にも社会にも
地域にも恐ろしいほどの害をもたらすことが分かりました。
身近な安全管理は生活全般に関わります。真剣に取り組みたいですね!
福島原発.jpg
posted by brotherkogyo at 18:48| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

昔の名前で出ています

トコジラミ.jpg
トコジラミ(ナンキンムシ)が増えています!!
シラミと名がついても、カメムシの仲間で雌雄、幼虫全てが吸血します
戦後の混乱期には繁殖していましたが、昭和40年頃からは殺虫剤の発達
と衛生意識の高まりで、年々減少し昭和60年代にはほとんど見かけなく
なりました。
それが最近また増加傾向にあります。特にホテル、旅館、簡易宿泊所、
マンションなどで
被害が広まり、相談件数も年々増えています。
原因はいろいろありますが、@殺虫剤の使用制限 A海外旅行の流行
 Bリサイクル家具の交流 C室内の温暖化 D知識の不足に依る大繁殖
 E秘密にしたい為の中途半端な駆除 等々
しぶとい虫で吸血なしでも数ヶ月生き続け、雌は生涯に200-500個産卵
します。初回に刺された時は痒みを感じませんが、2度目から猛烈な痒みが
襲います。人に依っては次第に痒みを感じなくなる場合もあり、室内で
大繁殖をします。
壁穴、室内の隙間、引き出しの裏、ベッドのコーナーなどに黒いシミが
できていたら、トコジラミの糞の可能性もあります。相談は無料なので、
心配になったら是非プロのアドバイスを受けてください。
posted by brotherkogyo at 18:47| 神奈川 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする